データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【4月22日のナイターゲーム結果】楽天、5本塁打でソフトバンクに圧勝! S小川降雨コールドで今季初完封

2017/04/22

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , ,



〇楽天11-2ソフトバンク●
 
 楽天が計5本の一発攻勢でソフトバンクを降した。
 
 楽天は初回から今季初先発の大隣を攻め、試合の主導権を握り続けた。初回、先頭の茂木が二塁打で出塁すると、ペゲーロが安打、ウィーラーが四球で続き無死満塁のチャンスを作る。続くアマダーは併殺に倒れたが、その間に1点を先制し、その後も銀次が適時二塁打、今江が適時打を放ち3点を奪った。
 
 そして、楽天の一発攻勢が始まった。3回にアマダーがソロ本塁打、4回には嶋とペゲーロがソロ本塁打を放ち大隣をKO。その後も、2番手・加治屋から松井稼がNPB史上100人目となる通算200号となるソロ本塁打を放った。また、後続の茂木とペゲーロが連続で四球を選びチャンスを作ると、ウィーラーに適時打が飛び出し8点目を奪った。
 
 7回には島内も本塁打を放ち9点目。そして、9回には3番手・石川から満塁のチャンスを作り、島内、嶋が押し出し四球を選び、計11得点を奪った。
 
 投げては、先発・美馬が9回を133球2失点で完投。延長戦が連続しており、登板回数が増えていた救援陣を休ませる好投を見せた。
 
 敗れたソフトバンクは投手陣が乱調で打線も振るわず、連勝は4で止まった。
 
ヤクルト1×-0広島(7回裏途中降雨コールド)
 
 ヤクルトが7回途中降雨コールドで広島を降し今季初の連勝を飾った。ヤクルト先発・小川、広島先発・岡田で始まった試合は、投手戦の様相を呈し、互角の戦いを繰り広げていた。
 
 試合が動いたのは6回だった。6回裏、先頭の荒木が安打で出塁すると、続く山田は四球を選び、無死1・2塁とチャンスを作る。そして、4番・バレンティンが9球粘った末に適時二塁打を放ち先制点を奪った。結果、この1点が決勝点となった。岡田はなおも無死2・3塁のピンチを背負ったが、後続を3人で打ち取りピンチを凌いだ。
 
 小川は度々得点圏に走者を背負ったが、後続をしっかりと抑え7回2安打無失点の好投。7回裏に降雨コールドとなり、今季初完封をマークした。
 
 一方の広島は、好機で一打が出ず、好投していた岡田を援護出来ず4連敗となり、2位の巨人と0.5ゲーム差となった。

スポンサードリンク