データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



オリックス、武田のプロ初本塁打、宮崎の通算4本目の一発で逆転!先発のエース・金子を援護

2017/04/20

text By

タグ: , , , , , , ,



 20日、東京ドームで北海道日本ハムファイターズ対オリックス・バファローズの試合が行われており、現在6回表終了時点で1-2とオリックスがリードしている。
 
 初回、日本ハムは西川が四球で出塁し、中島が手堅く犠打で送る。そして、続く近藤の適時二塁打で先制した。先制適時打を放った近藤は、以下のようにコメントしている。
 
「しっかりと早めに点を取って先発投手を楽にしてあげる展開が少ないので、先制できて良かったです。(球種は)外角のスライダーですね。逆方向へ打ち返すことを意識していました。相手投手は金子さんなので立ち上がり、早い段階で点を取りたいと思っていました」
 
 エース・金子が初回に先制を許したが、3回に一発攻勢で逆転に成功。今日スタメンに入った8番・武田が、日本ハム・加藤からプロ初となる本塁打を放ち同点。そして、1番で好調を維持している宮崎も、プロ通算4本目となる本塁打を放ち勝ち越し点を奪った。
 
 武田選手コメント
 
 「ストレートにさされないようにコンパクトに打ちにいきました。打った瞬間はスタンドまで届くとは思いませんでしたが、振り切った分だけ伸びてくれましたね。プロ第1号がいい場面で打ててよかったです!」
 
 宮崎選手コメント
 
「ツーボールだったので、球種を絞って打ちにいきました。ストレートをしっかりと捉えることができましたね。とにかく勝ち越すことができてよかったです!」

スポンサードリンク

shiro