データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【4月16日のセ・リーグ試合結果】Deクライン投打に活躍、G投手陣完封リレー、T原口決勝打、救援陣好投

2017/04/16

text By

タグ: , , , , , , , , , , , ,



〇DeNA6-3ヤクルト●
 
 DeNAは初回、ロペスの本塁打で先制したが、3回に雄平の犠飛とバレンティンの本塁打で逆転を許してしまう。しかし、その後4回に先発・クラインが自らを援護する逆転2点適時打を放つと、5回にもロペス、倉本に適時打が飛び出し3点のリードを奪った。
 
 先発・クラインは6回途中を3失点と先発の役割を果たし、打っても2打点の活躍だった。また、この試合では守護神の山崎康が7回に登板となり球場が騒然としたが、山崎は2奪三振を含む三者凡退で1回を無失点に抑えた。クラインの後を受けた4投手はしっかりと無失点に抑え、最後はパットンが締めて試合終了。
 
 ヤクルトはオーレンドルフが5回途中5失点でKOとなり苦しい展開となった。バレンティンが2打席連続でソロ本塁打を放つも、試合後半で打線が沈黙。逆転のきっかけすら掴めず敗戦を喫した。
 
〇巨人2-0中日●
 
 巨人が接戦を制した。先発・大竹が7回途中無失点で降板となったが、その後は山口鉄・森福・宮國が1/3回ずつ、カミネロが1回1/3と細かく継投し、中日打線の反撃を封じた。
 
 巨人打線も好投を続ける吉見を中々攻略できずにいたが、7回に坂本が二塁打で出塁すると、続く阿部が適時打を放ち先制。9回にも田島を攻め、坂本とマギーの安打でチャンスを作り、代打・亀井の適時打で1点を加えた。
 
 中日は、吉見が7回1失点の好投を見せるも、打線が振るわず連敗を喫してしまった。
 
〇阪神2-1広島●
 
 阪神が投手戦を制し、カード勝ち越しを決めた。阪神は能見が先発。能見は5回1失点と試合を作り降板すると、後続のリリーフが好投。2番手・桑原は1-1の同点で迎えた6・7回を無安打無得点に抑える好投。3番手・マテオも無失点に抑え、味方の援護を待った。
 
 阪神は1-1の同点で迎えた8回、高山の安打と福留の四球でチャンスを作り、原口が適時打を放ち勝ち越し点を奪った。
 
 9回には守護神・ドリスが登板。ドリスは一死を奪った後、安部、松山を連続三振に仕留め試合を締めた。
 
 広島先発・九里は8回途中を138球2失点と力投を見せたが、阪神投手陣の前に打線が沈黙し、好投する九里を援護できなかった。

スポンサードリンク