データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【4月15日のパ・リーグ試合結果】Eペゲーロ本塁打、M涌井好投、B中島4安打2打点

2017/04/15

text By

タグ: , , , ,



○楽天4-2日本ハム●
 楽天先発の美馬は日本ハム打線を4回まで無安打に抑える好投。日本ハム先発の有原も4回までは無失点に抑えていたが、5回裏には嶋にスクイズを決められ、先制点を許す。さらに6回裏には「恐怖の2番」のペゲーロにソロ本塁打を許すと、連打で適時打を許し3失点。日本ハムは近藤が2試合連続の本塁打と西川の2号ソロで2点を返したが、8回裏には島内の本塁打が飛び出し追い上げもあと一歩及ばず。有原は3戦3敗となってしまった。
 
○ロッテ1-0西武●
 ロッテ先発の涌井が西武打線を完璧に抑える投球。一方、貧打に悩むロッテ打線も西武先発の野上を捕まえることができずに、4回の細谷の三遊間への適時打のみの1点しか取れなかったが、今日のロッテの投手陣にはそれで十分だった。涌井が7回4安打8三振無失点を記録すると、大谷、益田がしっかりと抑えて1-0で勝利。西武の野上は8回を3安打1失点で完投を記録するも、打線の援護を受けることができずに敗戦投手となってしまった。
 
○オリックス7-6ソフトバンク●
 オリックスは初回に打撃好調の小谷野が二遊間を抜ける適時打を放つと、中島も続き2得点。ソフトバンクは3回に1点を返すと、5番・デスパイネの移籍後初の本塁打が逆方向に飛び出し2点追加。しかし、摂津が踏ん張れず、直後に中島に本塁打を浴びる。オリックスは6、7回にも得点を重ね、リードを広げる。一方のソフトバンク打線も1点を返した後の8回に1死満塁のチャンスを作るが、オリックスのルーキー黒木が今宮を併殺打に打ち取り、自ら火消しに成功。9回にソフトバンクは平野から2点を奪うがあと一歩及ばず。オリックスがソフトバンクを相手に連勝を飾った。一方のソフトバンクは4連敗で4カード連続の負け越しとなってしまった。

スポンサードリンク