データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





阪神が広島の連勝を止め4連勝。DeNA・中日は延長戦制す【セ・リーグ試合結果】

2017/04/14

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,



 〇DeNA4×-3ヤクルト●
 
 DeNAは勝ち継投が攻略され一時同点に追いつかれたが、延長戦で相手のミスに付け込み、サヨナラ勝利を決めた。
 
 DeNAは桑原の先頭打者本塁打で幸先よく先制。その後も戸柱の適時打で1点を加えヤクルト先発・石川から2点を奪った。
 
 そして、DeNA先発・ウィーランドは7回途中まで1失点に抑える好投を見せたが、8回に三上が1失点を喫し試合を振り出しに戻された。しかし、8回裏にDeNA打線が3番手・石山からチャンスを作り、代打・乙坂が二死満塁から勝ち越し適時打を放ち、残りは9回を抑えるのみとなっていた。
 
 しかし、4番手・山崎康は中村への四球、谷内の安打で一死1・3塁とピンチを作ると、上田に犠飛を放たれ、再びヤクルトに同点に追いつかれてしまった。
 
 その後、延長10回裏にヤクルト4番手・ルーキから先頭の関根がセーフティバントで出塁すると、白崎の打席でルーキが暴投、ボークとミスを連発し関根は3塁まで進塁。そして、白崎がサヨナラ内野安打を放ち試合を決めた。
 
〇中日3×-2巨人●
 
 巨人先発・マイコラス、中日先発・大野の両先発が好投を見せた試合は、両軍投手陣が奮闘し延長12回まで2-2と投手戦の様相を呈していたが、延長12回裏に中日が二死から連打でサヨナラ勝利を収めた。
 
 巨人は先発・マイコラスが7回2失点の好投を見せると、2番手・マシソンが2回無失点、3番手・カミネロも2回を無失点に抑え味方の援護を待った。
 
 しかし、中日投手陣も好投。先発・大野は8回途中を11奪三振、2失点と抑えたが、味方の援護の直後に失点してしまい、勝利投手にはなれなかった。その後は、三ツ間・田島・祖父江・岩瀬・佐藤が12回まで巨人打線を無失点に抑え、最低でも引き分けの場面に持ち込んだ。
 
 中日は巨人4番手・宮國の前に二死まで追い込まれたが、大島、亀澤の連打でチャンスを作ると、ゲレーロがサヨナラ安打を放ち土壇場で勝利を手にした。
 
 巨人は助っ人が好投を見せたが、最後に宮國が力尽き5連敗で勝率5割となった。
 
〇阪神4-2広島●
 
 3連勝中の阪神と、10連勝中の広島の好調2チームの対決は、阪神が制した。
 
 阪神先発・メッセンジャーは好調・広島打線を7回1失点に抑える好投を見せ、後続に繋いだ。
 
 打線は、前回登板でノーヒットノーラン寸前の投球を見せたドラ1ルーキー・加藤を攻略し、原口の押し出し四球、鳥谷の適時打で3点を先制。また、8回にも3番手・ヘーゲンズの失策の隙をつき1点を奪った。
 
 8回に2番手・マテオが1失点を喫し、9回にも3番手・ドリスが一打同点のピンチを背負ったが鈴木、松山を連続三振に仕留め、白星を手にした。
 
 広島は阪神を上回る9安打を放ったが、今日の試合では好機で一打が出ず、ミスも重なり今季2敗目を喫した。1敗目と同様に、今回も阪神・メッセンジャーから白星を奪えなかった。

スポンサードリンク