データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



広島、新井・エルの2打席連弾でリード奪い破竹の9連勝!ルーキー・床田はプロ初勝利

2017/04/12

text By

タグ: , , , , , , , , , ,



 12日、読売ジャイアンツ対広島東洋カープの一戦が東京ドームで行われ、広島が5-9で勝利を収め、破竹の9連勝を飾った。
 
 広島の先発はルーキー・床田。初回、1番・中井に安打で出塁を許すと、4番・阿部に右中間へ飛び込む2点本塁打を浴び2失点を喫した。
 
 しかし、2回表には巨人は先発・内海から4番・新井、6番・エルドレッドがソロ本塁打を放ち試合を振り出しに戻した。そして、3回表は2番・菊池の二塁打、3番・丸の四球でチャンスを作ると、4番・新井が2打席連続の3点本塁打を放ち、勝ち越し点を奪うと6番・エルドレッドも2打席連続のソロ本塁打を放ち、4本塁打6得点で先発・内海をKOした。
 
 エルドレッドは5回にも適時打を放ち、3打点を稼いだ。
 
 5点のリードを奪われていた巨人は5回裏、6番・長野、7番・岡本の連打でチャンスを作ると、代打・村田の今季1号となる3点本塁打で2点差まで詰め寄った。
 
 しかし、2点差に詰め寄られた広島は8回に試合を決定づける追加点を奪った。4番手・谷岡から5番・鈴木が安打、6番・エルドレッドは四球で出塁しチャンスを作ると、代打の代打・堂林が左腕の山口鉄から2点適時打を放ち4点差とした。
 
 先発・床田は2被弾で5失点を喫したが7回を97球、被安打5、8奪三振という内容で降板。8回はジャクソン、9回は薮田がそれぞれ無失点でまとめ試合終了。
 
 床田は登板2試合目で嬉しいプロ初勝利を記録した。また、新井、エルドレッドの両ベテランは2人で7打点を稼ぎ、チームの9連勝に貢献した。

スポンサードリンク

shiro