データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



楽天・岸、移籍後初登板で初勝利!チームは開幕から7勝1敗と絶好調

2017/04/09

text By

タグ: , , , , , , ,



8日、千葉ロッテマリーンズ対楽天イーグルスの一戦が、ZOZOマリンスタジアムで行われ、楽天が1-4で勝利した。
 
好調の楽天は3連勝を飾り、一方のロッテは2連敗となった。
 
 楽天先発はFAで新加入の岸。開幕はインフルエンザで出遅れたが、経験豊富で頼りになる男が遂に合流となった。
 
 初回、楽天打線はロッテ先発・唐川の立ち上がりを攻める。1番・茂木が先頭打者本塁打でいきなり1点を加えると、安打や四球で一死満塁とチャンスを作り、6番・島内が適時打を放ち2点目を追加。アマダーの走塁死、続く7番・岡島は右邪飛に倒れるなど、大量得点とはならなかったが、試合を有利にすすめる2点を先取した。
 
 また、4回にも1番・茂木に適時打が飛び出し、試合中盤で3点目を追加した。
 
 投げては、移籍後初登板の岸が好投。初回以降はロッテ打線に三塁すら踏ませず、失点は6回に浴びた5番・鈴木のソロ本塁打による1失点のみ。
 
 岸は6回を103球、被安打4、4奪三振、2四球、1失点という内容で、しっかりと試合を作った。
 
 7回以降は森原、ハーマン、松井裕と繋ぎ、試合終盤を無失点に抑え試合終了。
 
 岸が移籍後初勝利、松井裕は4セーブ目を記録した。
 
 ロッテは投打に振るわず、週末の本拠地で連敗を喫してしまった。

スポンサードリンク

shiro