データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



オリックス3連勝で勝率5割復帰!4番・ロメロは3戦連発も腰の張りで途中交代

2017/04/07

text By

タグ: , , , , , , ,



7日、オリックス・バファローズ対北海道日本ハムファイターズの一戦がほっともっとフィールド神戸で行われ、4-2でオリックスが勝利。
 
 オリックスは楽天に開幕3連敗を喫した後、西武と日本ハム相手に3連勝を飾り勝率5割に復帰。一方の日本ハムは、投打がかみ合わず3連敗となった。昨季の覇者が、2勝5敗と苦境に立たされている。
 
 試合は2回、日本ハム守備陣のミスから動いた。2回裏、4番・ロメロが四球を選ぶと、5番・T-岡田がフルカウントから三振を喫した際に、一塁走者のロメロが盗塁成功。そして、6番・中島が放った打球を三塁手・レアードが後逸。オリックスは無安打で1点を先制した。
 
そして、3回にも9番・鈴木昂が二塁打で出塁すると、1番・安達が犠打でしっかりと送り、2番・西野が中前に適時打を放ち1点追加。そして、4番・ロメロが3試合連続となる2点本塁打をバックスクリーンに叩き込み、序盤で一挙4点のリードを奪った。
 
しかし、ロメロは3回の守備で腰の不調を訴え、4回の守備から途中交代となった。
 
 投手陣も粘りの投球を見せた。オリックスの先発はエース・金子千尋。この日は制球に苦しみ、3、4回には得点圏に走者を背負う場面を見せるも、6回を2失点と試合を作った。
 
後続の吉田一、黒木、平野も四球や安打で走者を背負う場面が見られたが、要所を抑え無失点。日本ハム打線の反撃を封じ、チームを勝利に導いた。
 
 日本ハムはオリックスを上回る7安打を放ち、6回以降は毎回走者を出したが、好機を活かしきれず2得点止まり。10残塁と拙攻が目立ってしまった。

スポンサードリンク

shiro