データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



日本ハムは2カード連続負け越し。ロッテのルーキー佐々木はプロ初勝利

2017/04/06

text By

タグ: , , , , , ,



 北海道日本ハムファイターズは6日、千葉ロッテマリーンズ戦との3回戦をZOZOマリンスタジアムで行われ、ロッテが5-1で今季初めて勝ち越した。
 
 日本ハムは斎藤佑樹投手、ロッテは佐々木千隼投手が先発した。
 
 先制のホームを踏んだのはロッテだった。
 
 2回、ジミー・パラデスは一邪飛に倒れるも、ロッテの鈴木大地が2戦連続のヒットを放ち1死。続くマット・ダフィーは5球目のスライダーを空振りし三振。その間に鈴木は盗塁を決め2死二塁となる。2死二塁の場面で井上晴哉が打席に立つと、打球を左翼へ運び、1点先制した。
 
 さらに4回、鈴木が死球で出塁すると、井上が再びタイムリーを放ち2-1と勝ち越す。
 
 6回の先頭打者パラデスを四球で出すと斎藤佑樹が降板し、無死一塁で公文克彦がマウンドに上がる。続く鈴木大地、ダフィーもヒットで出塁すると、井上がこの日3本目のタイムリーを放ち、2点追加する。これだけでは終わらない。田村龍弘は遊ゴロに倒れるも、大嶺翔太の犠飛でもう1点追加し5-1とリードを広げた。
 
 9回はロッテの守護神・益田直也が登板。中島卓也を四球で出すも、西川遥輝を中飛に抑え、勝利した。
 
 一方、日本ハムは3回に1点を返し一時は同点に追いつくも、再びリードを奪われ、その後追加点を加えることができずに2カード連続の負け越しとなった。
 
【勝利投手】佐々木
【敗戦投手】斎藤
【本塁打】

スポンサードリンク

shiro