データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





F斎藤佑、6回途中3失点で降板。ロッテがリードで後半戦へ

2017/04/06

text By

タグ: , , , , ,



 北海道日本ハムファイターズは6日、千葉ロッテマリーンズ戦との3回戦をZOZOマリンスタジアムで行っている。
 
 日本ハムの先発・斎藤佑樹投手から、ロッテが2回に先制のホームを奪う。
 
 ジミー・パラデスは一邪飛に倒れるも、ロッテの鈴木大地が2戦連続のヒットを放ち1死。続くマット・ダフィーは5球目のスライダーを空振りし三振。その間に鈴木は盗塁を決め2死二塁となる。2死二塁の場面で井上晴哉が打席に立つと、打球を左翼へ運び、1点先制した。
 
 吉井投手コーチは、3回までの斎藤のピッチングを「強風にアジャストできているような感じはある」とコメント。
 
 さらに4回、鈴木が死球で出塁すると、井上が再びタイムリーを放ち2-1と勝ち越す。
 
 5回には先頭打者の大嶺翔太がヒットで出塁し三塁まで進むも、後続がチャンスを生かせなかった。
 
 6回も続投するも、パラデスに四球を与え、無死一塁で降板した。
 
 一方、日本ハムは3回に1点を返し一時は同点に追いつくも、再びリードを奪われ、ロッテを追いかける展開となっている。
 
6回表終了時点 ロッテ 2-1 日本ハム

スポンサードリンク