データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



成田翔、取り戻した自身の投球スタイル。きっかけは憧れの”小さな大投手”からの金言【マリーンズファーム通信#36】

高3の夏、秋田商をベスト8へ導いた成田翔。マリーンズへ入団し、1年目から一軍のマウンドに上がる青写真を描いていた。しかしプロの厳しさを痛感し、いつの間にか自分自身のスタイルを見失っていた。

2017/02/19

text By

photo

千葉ロッテマリーンズ

タグ: , , , ,



大先輩からのアドバイスを胸に

 突然の電話だった。昨年12月末、ルーキーイヤーを終え、秋田に帰省をしていた成田翔投手の携帯が突然、鳴った。郷土、そして母校・秋田商業高校の大先輩からの電話だった。
 
「一度、話をしようか?」
 
 スワローズ・石川雅規投手から声を掛けられ、秋田市内の喫茶店で面会した。
 
「気にかけていただいた。ありがたかったです。直接、じっくりと話を聞いたのは初めてでした。これまでは遠くにいる姿は見たことがありましたが、なかなか、お話をすることがなかった」
 
 秋田商業高校時代、いつも監督から話を聞かされていた。170センチとプロの世界では身長が低い部類に入る成田にとっては、167センチながら同じ左腕としてプロの世界で150勝以上を挙げている大先輩はまさに憧れ。
 
「石川はいつも走っていたぞ」。高校時代、そう聞かされると、同じように黙々と走り込んだ。プロに入ってからも監督を通じて連絡先を交換し何度かメールなどで近況のやりとりはしていた。しかし、直接、会ってゆっくりと話をする機会は初めてだった。偉大な大先輩が気にかけてくれていたことがなによりもうれしかった。
 
 いろいろな話を聞いた。聞きたいことは山ほどあった。2時間ほどの時間があっという間に流れた。ピッチングの事、練習方法、心がけ。その中でプロのブルペンで周囲の投手たちが投げる速球に力み、スピードを意識して投げていることを先輩に指摘された。
 
「スピードがなくても打者を抑えることはできる。コントロールをおろそかにするなよ。しっかりとコースに投げることを意識したほうがいい。そうすれば抑えることはできる」
 
 ハッとさせられた。ルーキーイヤーを思い返すと、球速が出ないことに焦っている自分がいた。焦りが力みを生み、そして夏場には左ひじに痛みを感じるようになり投げることのできない日々が続いた。1年目で一軍登板。そして初勝利という青写真すら描いていた若者は二軍未勝利で、1年目を終えた。高3夏の甲子園で秋田県勢としては20年ぶり、秋田商業高校としては80年ぶりのベスト8進出に導き、将来を渇望された若者にとって始めてとも言える大きな挫折。いつの間にか自分の投球スタイル、あるべき姿を見失っていた。大先輩は優しく、その点を指摘してくれた。
 

1 2