データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



日本シリーズでも打撃好調の大谷翔平、投手30年ぶり本塁打への期待。最後の記録は、カープとファイターズに在籍した投手

3戦目のサヨナラ安打含め、日本シリーズでも3試合で5安打と打撃好調の大谷。過去には打撃でチームの日本シリーズ制覇に貢献した投手も多い。大谷には、日本シリーズでは30年ぶりとなる投手による本塁打の期待がかかる。

2016/10/26

text By

タグ: , , , ,



最後の記録は、両チームに縁のある選手

 1986年の西武対広島のシリーズ、3勝3敗1分で迎えた史上初の第8戦に先発したのが、この年自己初の2ケタ勝利となる12勝をあげた広島の金石昭人。フォークを武器に西武打線を抑えこんでいた金石は、3回ランナー1人を置いて迎えた打席で西武のエース・東尾修からまさかの先制2ラン。

 これで勢いに乗った金石は、5回まで無失点。このまま独り舞台かと思われたが、6回ショート高橋のミスで併殺を取り損ねると、6番秋山幸二に同点2ランを被弾。
 秋山がバク宙でホームインしたこの一発は日本シリーズ史におけるハイライトの一つとなっている。結局試合は8回にブコビッチのタイムリーが出て、西武が逆転勝利。

 4戦目にも8回途中1失点の好投に加えて、初回に先制タイムリーを放つなど投打で活躍を見せていた金石。もし6回の併殺さえ取れていたら、広島のヒーローの1人として語られていたかもしれない。

 この年以降は故障もあり低迷した金石だが、日本ハムに移籍した1年目に14勝。以降もリリーフエースとして活躍した。しかし本塁打に関しては87年以降126打席に立ったが、1本も打てていない。

 今シリーズ、第1戦の初打席でフェンス直撃の二塁打を放ち、松坂大輔以来パリーグの投手としては12年ぶりとなる安打を記録した大谷には、30年ぶりとなるシリーズでの投手による本塁打の期待もかかる。

 長いプロ野球史においても前例のない活躍を続ける22歳、そのピッチングだけでなくバッティングからも目が離せない。

1 2 3


  • 記者募集