データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



入団以来9年連続50試合以上登板、日本ハム・宮西は球界屈指のセットアッパー

日本ハムの宮西尚生が、入団以来9年連続50試合以上登板を達成した。厳しいプロ野球の世界において、まさに偉業といえる。

2016/09/22

text By

タグ: , , , , , , , , , , ,



今季は最優秀中継ぎ投手が当確

 日本ハムファイターズの宮西尚生が、9年連続50試合以上登板を達成した。
 2007年に大学生・社会人ドラフト3巡目で、日本ハムに入団。入団1年目の2008年から9年連続で、50試合以上登板を果たしている。

 この間に230ホールド、254ホールドポイント、通算防御率は2.39だ。今季も9月20日試合終了時で54試合に登板。3勝1敗1セーブ、37ホールド、40ホールドポイント、防御率1.66をマークし、初の最優秀中継ぎ投手が当確だ。

 年間50試合と言えば、全試合の3分の1以上に登板していることになる。これを9年連続で記録するのは並大抵のことではない。

 NPBで5年以上連続シーズン50試合以上登板の投手を挙げてみた。
 

■15年連続 
 
 岩瀬仁紀(中日) 1999-2013

■9年連続
 
 秋山 登(大洋) 1956-1964

 山口鉄也(巨人) 2008-2016 ※継続中

 宮西尚生(日本ハム) 2008-2016 ※継続中

■8年連続
 
 金田正一(国鉄) 1954-1961

 米田哲也(阪急) 1959-1966

■7年連続
 
 橋本武広(西武) 1995-2001

 武田 久(日本ハム) 2006-2012

 

■6年連続 
 
 吉田修司(ダイエー) 1998-2003

 

■5年連続
 
 小山正明(大阪) 1956-1960

 龍 憲一(広島) 1962-1966

 伊藤敦規(阪神) 1997-2001

 藤田宗一(ロッテ) 1998-2002

 永川勝浩(広島) 2005-2009

 押本健彦(ヤクルト) 2008-2012

 小山伸一郎(楽天) 2008-2012

 平野佳寿(オリックス) 2010-2014

 増井浩俊(日本ハム) 2011-2015 

スポンサードリンク

1 2
shiro