データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



オリックス金子4回途中6失点「らしくなかった」。今季最短KOでカード負け越し

オリックス-中日の3回戦が9日京セラドーム大阪で行われ、オリックスは3-8で敗れ同カードを負け越した。

2016/06/09

text By

タグ: , , , ,



金子3回2/3、被安打9、6失点でKOの大乱調

「今日は球威もコントロールも全てらしくなかった」と試合後の福良淳一監督はエースの最短KO劇を振り返ると言葉少なく切り上げた。

 エース金子千尋がまさかの大乱調だ。

 1回表、ビシエドにセンターバックスクリーンへ第16号2ランホームランを浴びていきなり先制点を奪われる。

 4回表にはナニータのレフトレストラン席直撃の第5号ホームランを許すと、2アウトから亀澤、堂上、杉山、大島に4連打。高めに浮いたボールを痛打され、降板となった。

 3回2/3を被安打9、6失点で今シーズン最短のKO。珍しく登板談話も出さなかった。

スポンサードリンク

1 2

shiro