データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【5月21日埼玉西武対福岡ソフトバンク戦、BBC独自採点】両者意地を見せた好ゲーム。マンオブザマッチは増田

5月21日、埼玉西武対福岡ソフトバンク戦は4-3で埼玉西武が勝利を収めた。現地取材に基づき、この試合をベースボールチャンネル独自基準にて採点を行ってみたい。

2016/05/22

text By

タグ: , , , ,



<福岡ソフトバンクホークス>

(左)中村6.0
評 先制ホームに始まり、2安打2得点、3度の出塁。1番打者としてチームに攻撃のリズムを生み出していた。今のソフトバンクは彼抜きに考えられない。

 

(二)本多6.0
評 初回はきっちり犠打を決め、5回表には貴重な同点タイムリーを放った。インコースを厳しく攻めない限り、この打者は抑えられない。

 

(中)柳田6.0
評 安打は先制タイムリーだけだが、2四死球で出塁。1打点1得点としっかり仕事を果たしている。

 

(一)内川5.0
評 進塁打などの貢献もあったが、彼にあと一本が出ていれば、試合は大きくソフトバンクに傾いていた。

 

(指)長谷川5.0
評 いつもほどの快音は残せなかった。その分、西武を突き離せなかった。松田が当たっていただけに、攻撃を途切れさせていた。

 

(三)松田5.5
評 一時は勝ち越し点となる貴重な適時打を放つなど2安打と活躍した。ただ4回表、1死1、2塁場面、鶴岡の二塁ライナーで飛び出したことは大きな反省材料だ。

 

(左)江川5.0
評 右投手でも起用されたが、期待に応えることはできなかった。ただ1四球は選んでいるので、悪いわけではない。

 

(捕)鶴岡5.0
評 リードに奔走した1日だったといえる。打席では右への意識は感じたが、結果を残すことはできなかった。

 

(遊)今宮5.0
評 守備面では再三にわたる好プレーを見せた。2点目を失うシーンでは、彼に失策が付いたが、これは彼の守備範囲の広さによるものだろう。守備はピカ一。攻撃面でのきっかけが欲しい。

 

<投手>
千賀5.0
評 立ち上がりからストレートの制球が甘かった。フォークが良かっただけに悔やまれる。それでも、9安打を浴びながら2失点に抑えたのは見事だ。

 

森福5.5
評 2死1、3塁でマウンドに上がり、四球は与えたものの左打者の秋山・栗山を慎重に攻めて、アウト一つをしっかり取った。

 

森5.5
評 試合に勝っていれば、彼の評価はもっと上がっていただろう。8回表の1点は、彼の7回裏のピッチングによるもの。それだけ勢いをつけたピッチングだった。

 

スアレス5.0
評 1点リードの8回裏を任されたが1失点した。低めを突く意識は持っていたが、勝負所でボールが高くなってしまった。

 

寺原4.5
評 ボールがばらついていた。四球で走者を出したこともさることながら、失投がボールではなくストライクゾーンに集まってしまったのが悔やまれる。

 

<途中出場>
福田‐

 

工藤監督5.5
評 結果だけで評価すれば、9回はサファテを投入するべきだったと問えるが、前の試合の救援で打たれた森、寺原にチャンスを与えた采配は理解ができる。次につながるはずだ。

1 2 3





  • 記者募集