データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ホークス松坂「一番は全国に友達ができた」。鷹選手たちが振り返る甲子園の思い出

まもなく夏の甲子園が始まる。現在プロ野球の世界で奮闘するホークスの選手たちも甲子園は野球人生にとって大切な思い出となっている。

2016/07/30

text By

タグ: , , ,



春夏連覇を経験した松坂と島袋

 1998年、決勝戦のノーヒットノーランで夏の甲子園大会を締めくくった男がいる。高校野球史は、この人なしには語れないだろう。横浜高校を春夏連覇へと導いた松坂大輔だ。輝かしい記録と記憶を残した平成の怪物にも、思い切って、高校野球の思い出を聞いてみた。

「一番の思い出は……全国に友達ができたことですかね」とニコリ。数々の名勝負をみせてきた怪物の回答としては驚きだった。

「試合した人はもちろん、それが枝葉のようにどんどん広がっていって……今でもその時の仲間達とは繋がってるんですよね」と話す怪物の笑顔が印象的だった。そして、こう続けてくれた。「印象に残ってる試合は~、この試合!って決めるのは難しいな~。でも、皆さんが思ってる試合だと思いますよ(笑)」

 そう言いながら、クラブハウスに戻っていった。スターの風を感じた。

“皆さんが思ってる試合”とは、やはりあの試合か。夏の甲子園で、史上2人目の決勝戦(京都成章戦)のノーヒットノーランを成し遂げた試合も捨てがたいが、高校野球を通してできた仲間で、今でも一番の仲だというのが、上重聡(PL学園)というから、きっとこっちだろう。甲子園準々決勝で、PL学園と演じた延長17回の死闘。このとき投げ合ったのが、上重だ。試合は、松坂が250球を投げ抜き、9-7で完投勝利。今後も語り継がれていく名勝負となった。

 高校野球100年の歴史で、史上7校しか成し遂げていない春夏連覇。松坂と同じ甲子園での通算勝利数11(5位)を誇り、興南高校(沖縄)を春夏連覇に導いた男も、奇しくも、現在ホークスにいる。島袋洋奨。琉球トルネードとして注目を集めた左腕は、「甲子園より、出るまでのほうが大変でした。もちろん、マークされるし、出て当たり前みたいな雰囲気もありましたし」とプレッシャーと闘いながら頂点を極めた3年夏の沖縄大会を振り返った。

 甲子園では、興南は春夏連覇に向け、順当に勝ち上がったが、この試合は違った。準決勝の報徳学園戦。島袋は2回までに5点を奪われた。しかし、打線が5回以降に10安打6得点と奮起し、逆転。島袋は、この試合10安打されつつも12奪三振など気迫をみせ、完投。“ガッツポーズ禁止”の興南のクールな左腕も、このときばかりはマウンドで笑みがこぼれていた。この試合で、「今までで一番、チームが一つにまとまった感じがした」と甲子園の思い出を語ってくれた。

 いくつになっても、青春の象徴で、大切な思い出である高校野球。今でも、選手たちの糧となり、大事に心に刻まれているのだろう。今年も、どんな“夏”が待っているのか。選手たちも、きっと、楽しみに見守ることだろう。

1 2


  • 記者募集