大谷翔平選手をはじめとした日本人メジャーリーガーを中心にメジャーリーグ・日本プロ野球はもちろん、社会人・大学・高校野球まで幅広いカテゴリーの情報を、多角的な視点で発信する野球専門メディアです。世界的に注目されている情報を数多く発信しています。ベースボールチャンネル



Home » プロ野球最新情報 » 巨人 » ジャイアンツは“選外”に…巨人が獲得できなかった大物(3)原監督が「直接交渉」も

ジャイアンツは“選外”に…巨人が獲得できなかった大物(3)原監督が「直接交渉」も

2024/06/11

text By

photo

産経新聞社



巨人・阿部慎之助監督(左)と原辰徳前監督

プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 2024年シーズンは、4年ぶりのセントラル・リーグ優勝を目指す読売ジャイアンツ。これまでの歴史を振り返ると、フリーエージェント(FA)市場などで実績ある選手の獲得に成功してきた。一方で、近年は大型補強に乗り出すも、失敗に終わるケースも増えている。ここでは、巨人が獲得できなかった大物選手を紹介したい。

 

今シーズンのセ・リーグはDAZNで生中継!
月額1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]

 

美馬学

ロッテ・美馬学
・投打:右投左打
・身長/体重:169cm/75kg
・生年月日:1986年9月19日
・経歴:藤代高 – 中央大 – 東京ガス
・ドラフト:2010年ドラフト2位
 
 2019年オフにFA権を行使し、千葉ロッテマリーンズに移籍した美馬学。読売ジャイアンツも原辰徳監督(当時)が交渉に参加するなど熱意を示したが、獲得には至らなかった。
 
 2010年ドラフト2位で東北楽天ゴールデンイーグルスの一員となった美馬。プロ2年目に先発へ転向すると、23試合(154回2/3)を投げて8勝をマークした。
 

 
 さらに、2013年の日本シリーズでは快投を披露し、同シリーズのMVPを受賞。同年は田中将大(現:楽天)の24連勝が話題となりながらも、美馬も日本一の立役者の1人となった。
 
 2019年オフにFA宣言すると、巨人をはじめ、東京ヤクルトスワローズなど複数球団が獲得に参戦。交渉の末、ロッテへの移籍が発表された。
 
 移籍初年度は19試合の登板で10勝4敗、防御率3.95の活躍を見せ、2022年にも20試合の登板で10勝をマーク。
 
 しかし、36歳を迎えた昨季は、18試合の登板で3勝9敗、防御率4.76と大きく数字を落とした。
 
 今季は、4月4日のソフトバンク戦に先発登板したが、4回7失点(自責点6)と打ち込まれ、翌日にファーム降格となった。日本一を経験したベテランは、もう一花咲かせることができるのか。

 

 
【関連記事】
ジャイアンツは“選外”に…巨人が獲得できなかった大物(4)
ジャイアンツは“選外”に…巨人が獲得できなかった大物(1)
ジャイアンツは“選外”に…巨人が獲得できなかった大物 全選手紹介

 

 
【了】