大谷翔平選手をはじめとした日本人メジャーリーガーを中心にメジャーリーグ・日本プロ野球はもちろん、社会人・大学・高校野球まで幅広いカテゴリーの情報を、多角的な視点で発信する野球専門メディアです。世界的に注目されている情報を数多く発信しています。ベースボールチャンネル



Home » プロ野球最新情報 » 今オフへの”伏線”か…単年契約を結んだ大物FA候補(5)中日からのFA流出は…?

今オフへの”伏線”か…単年契約を結んだ大物FA候補(5)中日からのFA流出は…?

2024/05/19

text By

photo

産経新聞社



(左から)阪神・大山悠輔、巨人・岡本和真、DeNA・佐野恵太

プロ野球 最新情報

 レギュラーシーズンの開幕を迎えたプロ野球。昨オフには西川龍馬、山川穂高、山﨑福也がFA移籍を決断し、心機一転のスタートを切った。プロ野球選手にとってFA権の取得は自身の評価を高める機会でもあるため、FA取得前年は1年契約で勝負するケースも多い。そこで今回は、今季を単年契約で挑む大物選手を紹介したい。

 

今シーズンのプロ野球はDAZNで生中継!
月額1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]

 

木下拓哉


・投打:右投右打
・身長/体重:183cm/95kg
・生年月日:1991年12月18日
・経歴:高知高 – 法政大 – トヨタ自動車
・ドラフト:2015年ドラフト3位

 
 中日ドラゴンズの正捕手として活躍を続けている木下拓哉。今季中にも国内FA権の取得が見込まれている中、単年契約を選択した。
 
 トヨタ自動車では正捕手を務め、社会人日本選手権優勝に貢献。社会人を代表するキャッチャーとして評価され、中日からドラフト3位指名を受けた。
 

 
 入団後は故障の影響もあって二軍を主戦場としていたが、2020年に出場機会を増やし、終盤にはレギュラーに定着。88試合出場で打率.267、6本塁打、32打点をマークした。さらに、両リーグトップとなる盗塁阻止率.455も記録するなど、攻守で存在感を示した。
 
 翌2021年は自己最多の123試合に出場し、打率.270(規定未満)、11本塁打、43打点を記録。2022年は自身初の規定打席に到達するなど、正捕手として確かな地位を築いている。
 
 昨オフに行われた契約更改では、複数年契約の提示をされるも単年契約を選択。2023年シーズンは故障に苦しんだ木下、今季は年間通した活躍を見せ、自身の評価も高めたいところだ。

 

 
【関連記事】
今オフへの”伏線”か…単年契約を結んだ大物FA候補(6)
今オフへの”伏線”か…単年契約を結んだ大物FA候補(1)
今オフへの”伏線”か…単年契約を結んだ大物FA候補 全選手紹介

 

 
【了】