データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



”即戦力としての自覚”ロッテドラ2・関谷がマウンドで動じない理由

平沢大河がクローズアップされるロッテの春季キャンプ。しかし、今季即戦力として最も期待されているのは、社会人の名門・JR東日本からドラフト2位で入団した関谷亮太ではないか。

2016/02/26

text By

タグ: , , , ,



吉田はもちろん、他の捕手とも組んでみたい

6年ぶりに同僚となった吉田裕太について、さらに踏み込む質問をすると、彼はこんなことを返してきた。

「自分は(捕手を)選べる立場じゃないし、キャッチャーも(吉田)一人ではないので」と、スポーツ紙を通して目にした吉田のコメントについてもこんな感想を漏らす。
「黄金バッテリー復活とか、僕を気遣って言ってくれたんでしょうけど、まだ(プロで)何もしていないんじゃんって思いますよ」

だからと言って、別々の道で過ごしたこの6年間を否定する気持ちは毛頭ない。
関谷は社会人時代、プロで戦う吉田に「プロの先輩」としてある意味、尊敬にも似た眼差しで見ていた。

「僕も高校からだいぶ変わっていますし、あっち(吉田)もあっちで変わっているので今、二人が組んでも同じようにはならないと思うんですよ。もしかしたら他の捕手より投げやすいとか、あるかもしれないけど、それも実際やってみないとわからない。だから誰とでも組んでみたい」

感慨に浸ってなどいられない。社会人野球の重圧と戦ってきた分、野球を仕事にする厳しさは多少なりともわかっているつもりだ。

気持ちを変に高ぶらせることなく、マイペースで。ペナントレース開幕までの逆算はできている。

1 2 3


  • 記者募集