データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



巨人・大田、8年目の今季は正念場。原前監督は潜在能力を評価し、我慢の起用も

巨人の大田は特にここ数年、レギュラー候補として常に名前があがり、活躍が期待されているが、なかなか結果が出ていない。

2016/01/17

text By

タグ: , , , ,



大型内野手として期待されたが……

 今年こそは何がなんでもブレイクを果たさなければならない。
 
 今年の2016年シーズンで入団8年目を迎える大田泰示だ。昨季はプロ入り最多となる一軍60試合に出場し、138打席で36安打。しかし、決して満足できるような数字ではあるまい。持ち味とされているはずの長打力も鳴りを潜め、本塁打はたったの1本。4月30日の中日戦で負傷欠場した坂本勇人の代役として4番を務め、3安打猛打賞をマークしたこともあったが、レギュラー定着は果たせなかった。
 
 プロでは外野に加え、一、三塁の守備も経験している。右打ちの控え要員としてならば、今の立ち位置で何とか許容できるかもしれない。だがプロ入り前に得ていた名声を考えれば、このままでいいはずがないだろう。
 
 東海大相模では一年秋から4番となり、甲子園出場は果たせなかったものの高校通算本塁打65本を放つなど高校生としては規格外のパワーを持つ身長188センチの大型遊撃手としてプロのスカウトから大きな注目を集めた。2008年秋のドラフトでソフトバンクとの競合の末に巨人が交渉権を獲得。ドラフト1位で指名されると入団後の背番号は、それまで〝準永久欠番扱い〟とされていた松井秀喜氏の「55」に決まった。次代を担うスター候補生として球団からは破格の待遇と猛プッシュを受け、誰もが順調にそのステップを踏んでいってくれるはずと確信していた。
 
 ところが、プロの世界はやはりそう甘くはなかった。
 ましてや、入団した球団は12球団の中でもレギュラー争いをする上でトップクラスの激戦区・巨人。大田は高いハードルを越えることができず伸び悩んだ。2014年2月の宮崎春季キャンプに松井氏の初参加が決まるタイミングに合わせるかのように、同年から背番号が「44」へと変更。当時の各メディアで「ついに大田から〝55〟がはく奪されてしまった」と一斉に報じられたのは記憶に新しい。仮に大田が2013年シーズン以前に球団の期待に見合う活躍を残していれば、松井氏の古巣キャンプ初参加に関係なく、突然の背番号変更はおそらくなかったはずであろう。

スポンサードリンク

1 2
shiro