データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



日本球界で現役最高年俸となった広島・黒田の『男気』を米メディアも賞賛

広島・黒田博樹が前年比で2億円アップの6億円(プラス出来高)になった。ベテラン右腕が日本プロ野球界でも「顔」となった格好だ。

2015/12/20

text By

タグ: , , , ,



アメリカでも話題に

 黒田は投手だけでなく、多くの野手からも信頼と尊敬を集める非常に稀有な存在だ。いや現役選手だけではない。緒方監督以下コーチ陣はもちろん、球団スタッフ、そしてカープOBたちからも慕われている。
 今季、カープをはじめ球界関係者と接する機会があったが、黒田に関しては誉め言葉しか聞こえてこなかった。

「クロ(黒田の愛称)は本当によくできた人間だ。メジャーリーグであれほどの成功を収めても、いい意味で昔とちっとも変わらない」

 ちなみに米スポーツ専門局『ESPN』が17日(日本時間18日)に現地で放送した情報番組「Sports Center」では、黒田の年俸が日本球界で現役選手として史上最高年俸となる日本円換算で6億円に達したことがホット・トピックスとして取り上げられ、番組アンカーからやや熱っぽい口調で次のように評されていた。

「メジャーリーグの球団ならば、クロダはもっと高額の年俸を得られるはずだ。しかし、それでも彼はカープでずっとプレーすることを望むだろう。ヒロキ・クロダとは、そういう〝リアル・マン〟(熱い男)なのだ」

 黒田をよく知る人ならば、これに異論を唱えることはまずないだろう。

1 2