データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



トライアウトを受けなかった理由【“中田翔を倒した男”植松優友#2】

 背番号「51」。世間的にはスーパースター、イチローの代名詞でもあるこのナンバーを背負った男が、この秋、ひっそりとユニフォームを脱いだ。元千葉ロッテマリーンズ、植松優友26歳。かつて“中田翔を倒した男”と騒がれ、プロでは未勝利に終わった未完のナックルボーラーが、その野球人生をいま振りかえる――。

2015/12/06

text By

タグ: , , , ,



惜しまれつつも決断した「引退」の2文字

 トライアウトは、悩みに悩んだすえに受けなかった。一縷の望みに賭けて、最後まであがくのもひとつの選択。だが、ファームでの最後の試合。本調子ではなかったにせよ、「ある程度の覚悟をもって」投げた植松に、踏んぎりはすでについていた。「トライアウトは上を目指すために受けるもの。思い出作りにはしたくない」。その想いが、“現役引退”という決断へと向かわせた。

「もちろん、チャンスがあるならやりたいとは思います。でも、普通に考えたら、いくら左でも、コントロールもたいしてよくない、130km/h台前半のやつが要るかって言われたら、要りませんよね(笑)。年々、まっすぐでファールが取れなくなってきていることにも自分では気づいてましたし、そこは冷静に判断したんです。まぁ、こんな僕が8年もプロで夢を追いかけさせてもらえたわけですから、それだけでも、十分幸せやったんちゃうかなって」

uemtasu_web03

 プロでの通算成績は0勝2敗。8イニング、防御率7.88。その数字は、いまや日の丸を背負う球界屈指のスラッガーへと成長した、かつての“ライバル”中田翔とは、比ぶべくもない。しかし、彼自身がそんな“物語”をもつ男だからこそ、判官びいきな我々は植松優友という未完のサウスポーにロマンを感じ、あの日の甲子園のマウンドを、ともに手に汗をかきながら見守ったのだ。

「やっぱりプロは1軍で投げてナンボ。悔いのあるなしより、最後まで活躍できなくて、ファンのみなさんには申し訳ないって気持ちのほうが強いです。唯一、未練があるとしたら、今年から出していったナックルを試しきれなかったこと。そこに関しては『中途半端で終わってしまったな』っていう想いは、いまでもありますね。今年のオープン戦で初めて実戦で投げたときに、一流のバッターが『いまのなに?』みたいな顔しているのを見て、純粋に『(1軍は)こんなところで毎日戦ってんのか。めっちゃ楽しいやん』って思いましたしね」

 もし、あのとき打線が奮起していたら……。彼に勝ちがついていたら……。ファンの立場からすると、彼の運命を変えたかもしれない“たられば”を考えずにはいられない。むろん当の本人には、そんな我々よりさらに複雑な想いがその胸中にあるだろう。だが、そうした想いすべてを心のうちに仕舞いこみ、植松優友は「幸せだった」と前を向く──。

※3回目の更新は7日予定です。

第1回目の原稿はこちら→QVCマリンには「魔物が棲んでいた」【“中田翔を倒した男”植松優友#1】

1 2