データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



QVCマリンには「魔物が棲んでいた」【“中田翔を倒した男”植松優友#1】

背番号「51」。世間的にはスーパースター、イチローの代名詞でもあるこのナンバーを背負った男が、この秋、ひっそりとユニフォームを脱いだ。元千葉ロッテマリーンズ、植松優友26歳。かつて“中田翔を倒した男”と騒がれ、プロでは未勝利に終わった未完のナックルボーラーが、その野球人生をいま振りかえる――。

2015/12/04

text By

タグ: , , , ,



8年越しで実現した甲子園でのプロ初登板

「あぁ、今日も空がきれいやな」

 2015年6月4日のタイガース戦。8年ぶりに甲子園のマウンドを踏みしめた植松優友は、あの日と同じように天を仰いで、そんなことを考えていた。プロ8年目にして、ようやく巡ってきた初登板、初先発。だが、大観衆をまえにしても、不思議と緊張はしなかった。

「最初は自分でも『けっこう余裕あるやん』と思ってたし、試合にもスーッと入っていけたんです。でも、展開のせいもあったのか、回を重ねるごとにやたらと緊張しはじめて、手の感覚がいつもと全然違ってきた。汗もどんどん引いていくし、『これはヤバい』って感じでね(笑)。そのときあらためて思いましたね。マウンドってなんて孤独なんやろうって」

 ベンチに帰れば、誰もが自分に声をかけて、盛りたててくれる。「粘り強く、なんとなく抑えるという“らしさ”は出せた」という手ごたえも確かにあった。だが、「相手を抑えて試合を作るのは、ピッチャーの役目」。高校時代からずっと自分自身に言い聞かせてきたその想いが、知らず知らずのうちに、当初はあったはずの“余裕”を奪っていった。

「勝ちがつかなかったのは、単純に僕の力不足であり、運のなさ。ただ、抑えきれなかったにしても、一軍のスゴいバッターを相手に『抑えたら、こんなに楽しいんや』っていう気持ちは再確認できたし、結果的に甲子園での登板になったことで、昔の仲間や地元の友達をたくさん呼べた。その点はよかったかなと思ってます。『みんなが僕の試合に同窓会気分で集まれるようにする』っていうのがプロに入ってからの夢のひとつでもあったんで」

 当初の先発予定は、甲子園ではなく、そのあとに組まれていた神宮球場でのスワローズ戦。図らずも彼に転がりこんだ地元・関西、しかも思い出の地・甲子園での一軍デビューは、入団以来、期待をかけ続けてきたマリーンズファンにとっても、感慨深い巡りあわせと言えた。

スポンサードリンク

1 2

shiro