データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



日本ハム、アリスメンディ・アルカンタラと契約合意 新庄ビッグボスの印象は「スワローズにいたホージー」

2021/12/10

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , ,



 北海道日本ハムファイターズは10日、前サンフランシスコ・ジャイアンツ所属のアリスメンディ・アルカンタラ内野手と契約合意に達したと発表した。
 

 
 アルカンタラは、ドミニカ共和国出身、身長178センチ、体重77キロ、右投両打、30歳の内野手。2008年に国際FAでシカゴ・カブスと契約し米球界入りし、カブスのほかアスレチックスやレッズでプレー。メジャー通算167試合の出場で、打率.189、11本塁打、39打点、14盗塁、OPS.550(出塁率.235+長打率.315)の成績。今季はマイナー3Aで打率.280、17本塁打、52打点、OPS.924の成績だった。

■アルカンタラ選手コメント
「日本で野球ができることが決まり、本当にうれしいです。新たな挑戦の場を与えてくれた北海道日本ハムファイターズに感謝します。いまだ日本へは行ったことがありませんが、日本でプレーをしたことのある仲間からは、とても良い国であると聞いてきます。野球のみならず、異国の地での全ての経験を楽しみたいと思っています。これまで培ってきた経験を活かし、力を発揮できるよう、今からしっかり準備をしていきます。必ずファイターズの勝利に貢献しますので、応援よろしくお願いします」
 
■新庄監督コメント
「第一印象は、スワローズにいたホージーかな。打ち方、ちょっと似てない?アメリカでは三振が多いけど、全然そんなふうに見えないんだよね。ホームランも打つけど、二塁打とかをちゃんと稼いでいくタイプかも。少し前までは盗塁も結構していたし、日本ではガンガン走ってほしいな。スイッチというのは面白い。左打席の方がしっくりきているのかな。何より大きいのは、ショートもセカンドも守れること。守りをおろそかにしないバッターは『今のファイターズに欲しい野手ランキング』の上位にいけるもんね!彼が早く日本の野球に慣れるよう、手助けすることがBIG BOSS の仕事。楽しみでしかない!」
 
【2021-2022年版】北海道日本ハムファイターズ 助っ人外国人選手の新入団・退団・契約延長一覧






  • 記者募集