データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



西武、助っ人外国人選手4人と来季契約を結ばず ギャレットは今季61試合登板

2021/11/12

text By

タグ: , , , , , , , , , , ,



 埼玉西武ライオンズは12日、リード・ギャレット投手、ザック・ニール投手、マット・ダーモディ投手、コーリー・スパンジェンバーグ内野手と来季の契約を締結しないと発表した。
 

 
 ギャレットは、来日2年目の今季、61試合に登板し、4勝3敗2セーブ17ホールド、59奪三振、防御率3.77の成績。平良海馬に次ぐチーム2位の登板数を誇るタフネスぶりを発揮していた。

 3年目のニールは今季1勝6敗、防御率5.85と精彩を欠き、12勝を挙げた1年目のような輝きを取り戻すことはできず。ダーモディは11試合の登板で0勝2敗、防御率5.13と戦力になれなかった。
 
 スパンジェンバーグは2年目の今季、打率(.232)、本塁打(7)、打点(27)、とすべての項目で短縮シーズンの昨季を上回れなかった。
 
 
【2021-2022年版】埼玉西武ライオンズ 助っ人外国人選手の新入団・退団・契約延長一覧
【2021-2022年版】埼玉西武ライオンズ 現役引退 戦力外通告 自由契約 退団選手一覧






  • 記者募集