データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



関西大学・野口智哉(のぐちともや)とは。魅力的なフルスイング見せる三拍子揃った世代No1遊撃手【ドラフト2021】

2021/10/07

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 2021年プロ野球ドラフト会議を10月11日に控え、今年もドラフト候補選手たちに大きな関心が寄せられている。そこで弊サイトでは、特に注目を集める選手に焦点を当て、経歴、プレースタイルなどに迫っていく。今回は、関西学生野球連盟・関西大の野口智哉内野手だ。
 

 
 野口は、鳴門渦潮高から関西大に入学した右投左打の内野手。身長181センチ、体重83キロ。(関西大野球部のHPより)

 鳴門渦潮高時代には、最後の夏に「3番・遊撃」兼投手としてチームを9年ぶりの甲子園出場に導き、1回戦・日本文理高戦で敗れたものの、2安打を放つなど存在感を示した。
 
 関西大では、打力を買われて1年春から外野のレギュラーを獲得。打率.364、8打点と期待に応える結果を残した。2年時からは正遊撃手に定着し、同秋には4番打者としてリーグ優勝に大きく貢献。明治神宮大会でも打線を牽引し、チームは決勝まで駒を進めた。同シーズンから4季連続(3年春は開催中止)で打率3割超を記録しており、3度のベストナイン(2年秋、3年秋、4年春)を受賞。今春時点での安打数は87を数えており、リーグ戦通算100安打達成も視界にとらえている。
 
 打撃では、思い切りの良いフルスイングから広角に安打を量産。本塁打数こそ少ないもののパンチ力を秘めており、一発長打も期待できる。地肩を活かした守備面でも確実性が向上しており、走攻守三拍子揃った世代No1遊撃手との呼び声も高い。

1 2





  • 記者募集