データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【9月月間MVP】セはカープが投打ダブル受賞(床田寛樹&鈴木誠也) 山本由伸は田中将大以来の3連続の快挙

2021/10/06

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 日本プロ野球機構(NPB)は6日、9月度の「大樹生命月間MVP賞」を発表。セ・リーグは床田寛樹と鈴木誠也(広島東洋カープ)。パ・リーグは山本由伸(オリックス・バファローズ)と柳田悠岐(福岡ソフトバンクホークス)が受賞した。
 

 
 セの投手部門は、床田が初の受賞。同期間、先発として4試合に登板し、リーグ2位タイとなる3勝をマークし、防御率は0.93。9月21日の巨人戦では、自身初となる完封勝利を達成した。

 打者部門は同じく広島から鈴木が7・8月度に続き2カ月連続の受賞。広島の投打ダブル受賞は2006年7月度以来(投手:黒田博樹氏、打者:栗原健太氏)となる。鈴木は、全25試合に出場し、リーグトップとなる打率.381、13本塁打に加え、22打点(リーグ2位)、32安打(リーグ3位タイ)を記録。また、長打率.917、出塁率.500と先月に続いてチームを勝利に導く活躍を見せた。
 
 一方パの投手部門は年6月度、7・8月度に続き、3連続受賞となるオリックス・山本。同期間4試合に先発登板し、リーグトップタイの4勝を挙げ、リーグ2位の34奪三振、リーグ3位の防御率0.90の成績を残した。月間MVPの3連続受賞は2013年の田中将大(東北楽天、この年5か月連続受賞)以来パ・リーグで2度目となる。
 
 パの打者部門はソフトバンク・柳田。9月は全22試合に先発出場し、打率(.358)、得点(17)、安打(29)、長打率(.617)でリーグトップ(安打はトップタイ)、塁打(50)、出塁率(.4468)でリーグ2位の成績を残した。月間MVPは2020年10・11月度以来、8度目となる。
 
【データで選出9月月間MVP】広島・鈴木誠也が両リーグ断トツ。オリックス・山本由伸の連続1位を止めたのは?






  • 記者募集