データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



駒澤大学・鵜飼航丞(うかいこうすけ)とは。規格外のパワーでアーチを描く右の大砲【ドラフト2021】

2021/10/05

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 2021年プロ野球ドラフト会議を10月11日に控え、今年もドラフト候補選手たちに大きな関心が寄せられている。そこで弊サイトでは、特に注目を集める選手に焦点を当て、経歴、プレースタイルなどに迫っていく。今回は、東都大学野球連盟・駒澤大の鵜飼航丞外野手だ。
 

 
 鵜飼は、山吹サンデーズ、名古屋ドジャーズ、中京大中京高を経て、駒澤大に入学した右投右打の外野手。身長182センチ、体重100キロ。(駒澤大野球部のHPより)

 中京大中京高時代には、3年夏に甲子園へ出場。惜しくも初戦敗退となったが、意地の2安打を放った。高校時点でチームメイトの伊藤康祐(現中日ドラゴンズ)らとともにプロからも注目されていたが、大学進学を決めた。
 
 駒澤大では、1年春からいきなりリーグ戦デビューを果たすと、2年秋にレギュラー格となり、初本塁打を記録。3年秋からは4番を任され、持ち前の長打力で2季連続3ホーマーを放った。
 
 飛距離の面では群を抜いており、生粋のスラッガータイプ。三振数の多さから確実性は課題に挙がるが、規格外のパワーを誇る打撃は、破壊力抜群だ。一方の守備では、左翼を守ることもあるが、指名打者(DH)としての出場がメインとなっている。

1 2





  • 記者募集