データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



上武大学・ブライト健太(ぶらいとけんた)とは。彗星の如く現れた抜群の身体能力誇る好素材【ドラフト2021】

2021/10/04

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 2021年プロ野球ドラフト会議を10月11日に控え、今年もドラフト候補選手たちに大きな関心が寄せられている。そこで弊サイトでは、特に注目を集める選手に焦点を当て、経歴、プレースタイルなどに迫っていく。今回は、関甲新学生野球連盟・上武大のブライト健太(アドゥ ブライト 健太)外野手だ。
 

 
 ガーナ人の父と日本人の母をもつブライトは、葛飾野高から上武大に入学した右投右打の外野手。身長183センチ、体重83キロ。(上武大野球部のHPより)

 葛飾野高時代には、下級生から打線の核を担い、3年時には4番打者としてチームを牽引したが、激戦区の東東京を勝ち抜くことはできず、目立った実績は残せなかった。
 
 上武大では、2年秋にリーグ戦デビューを飾るも、レギュラー奪取には至らず。無安打のまま大学ラストイヤーを迎えた。しかし今春、ついに眠っていた才能が開花。主に「4番・左翼」として打率.380、3本塁打、12打点、6盗塁の圧倒的な成績でチームをリーグ優勝に導き、自身は最高殊勲選手(MVP)と外野手部門のベストナインに輝くなど大きく飛躍を遂げた。さらに、全日本大学野球選手権でも、今年のドラフト1位候補に挙がる左腕・隅田知一郎(西日本工業大)からの一発を含む2本塁打を記録。持ち味を遺憾なく発揮し、ベスト4まで駒を進めた。
 
 抜群の身体能力を誇り、フルスイングでスタンドまで放り込むパワーヒッター。走攻守三拍子揃ったプレーも魅力で、将来性は抜群だ。

1 2





  • 記者募集