データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



慶應大学・正木智也(まさきともや)とは。日本一&MVPに輝いた大学No1スラッガー【ドラフト2021】

2021/09/26

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 2021年プロ野球ドラフト会議を10月11日に控え、今年もドラフト候補選手たちに大きな関心が寄せられている。そこで弊サイトでは、特に注目を集める選手に焦点を当て、経歴、プレースタイルなどに迫っていく。今回は、東京六大学野球連盟・慶應大の正木智也選手だ。
 

 
 正木は、慶應義塾高を経て、慶應大に入学した右投右打の外野手兼内野手。身長182センチ、体重90キロ。現在はチームの副将を務めている。(慶應大野球部のHPより)

 慶應義塾高では、甲子園出場こそ叶わなかったが、2年時から4番を務め、高校通算の本塁打数は50本を数えた。
 
 慶應大では、1年春から神宮デビュー。2年時から外野のレギュラーを獲得し、2、3年秋に外野手部門のベストナインを受賞した。大学ラストイヤーとなった今春には、不動の「4番・一塁」としてリーグ最多の4本塁打、12打点を挙げ、3季ぶりのリーグ優勝に大きく貢献。全日本大学野球選手権大会でも2戦連発アーチなどの大活躍でチームを日本一へ導き、自身は最高殊勲選手賞(MVP)に輝いた。
 
 今春時点で大学通算10本塁打を記録している右の長距離砲。広角に長打を打ち分けることができ、勝負強い打撃も光る。大学No1スラッガーの呼び声も高く、ドラフト1位の有力候補と目されている。

1 2





  • 記者募集