データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



西武、栗山巧プロデュース住宅の受付開始 異例の『家』企画、栗山も「ぜひ遊びにいきたい」

2021/09/10

text By

photo

埼玉西武ライオンズ

タグ: , , , , , , ,



 埼玉西武ライオンズの栗山巧選手は、9月4日の楽天戦で遂に通算2000安打を達成した。それを記念して、株式会社西武ライオンズと西武建設株式会社の協同により、栗山選手がプロデュースする住宅『西武ハウス 栗山巧の家』を5棟限定で受付を開始した。現役選手が住宅をプロデュースするという、プロスポーツ界でも異例の企画となっている。
 

 
 『栗山巧の家』は西武建設の「匠」協力のもと、20年という年月を野球に捧げてきた栗山がこだわり抜いた住宅として完成。“戦い続ける人のくつろぐ家”をコンセプトに、仕事や家事など様々な戦いに向かう人がリラックスでき、オンとオフを切り替えリセットできる空間に仕上げたいという思いが詰め込まれた家になった。

 「匠」が一から作り上げた住宅のいたるところには、細部にまで考え抜かれた栗山のこだわりが施されている。ここまで戦い続けてきた栗山にとって最大のパワーの源は“家族とのコミュニケーション”。少しでも多く一家団欒できるようにリビング・ダイニングは陽当たりや風通しが良い開放感溢れる空間になっている。また、1人で集中してリラックスする時間を作るためにもリフレクションルームを設け、床や壁には栗山が好きな色で、集中力を高める効果があるとも言われるグレーとブルーを使用している。
 
 さらに栗山ファンには嬉しい仕掛けも用意されている。玄関の床には栗山選手のサイン入り・ブロンズ製スパイクの足型(※1棟目成約者限定特典)が設置され、壁には栗山の写真と直筆メッセージが飾られている。またレンガ風タイルでできた外観には、通算2000安打にちなみ高さ2000mmの位置にあるタイルだけ色を変えたデザインになっている。住んでいるだけで栗山のパワーを感じられ、外出時に「頑張れ」と背中を押してもらえるような感覚になれる細かい工夫が施されている。
 
 「西武ハウス 栗山巧の家」は木造2階建で、建築本体価格は2695万円。先着で1棟目を成約した人には、栗山が訪問するという特典もあり、2〜5棟目を成約の方には記念イベントを開催する予定だ。
 
 〇栗山巧選手コメント
家というのは皆さんの生活にとっても非常に大事な場所だと思っています。良いコンディションで戦い続けるために僕がこだわっていることをお伝えし、その話をもとに西武建設の「匠」の皆さんが、素敵な家に仕上げてくださいました。一生に一度の買い物であると思いますが、私にとっても「栗山巧の家」というのは、思い入れがありますし、これからも活躍し続けなければならないなと非常に気合いが入っています。ご購入いただいた方のご自宅にぜひ遊びにいきたいと思いますので、その日が来ることを楽しみにしています。

1 2 3





  • 記者募集