データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【プレミア12速報】侍ジャパン、山田哲人が豪快逆転3ラン! 2死から好機作り一振りで決める

2019/11/17

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<2019世界野球 第2回WBSCプレミア12 決勝戦 日本 - 韓国>(17日、日本:東京ドーム)
 
 「第2回WBSCプレミア12」は17日に最終日を迎え、初優勝を狙う野球日本代表「侍ジャパン」は、前日に続いて韓国と対戦。
 
 侍ジャパン先発の山口俊は初回、2番のキム・ハソンに2ラン、5番のキム・ヒョンスにソロを浴びいきなり3失点。しかし、直後の攻撃で4番の鈴木誠也が適時二塁打を放ち1点を返した。
 
 そして稲葉篤紀監督は2回から早くも継投を決断し、アンダースロー右腕の高橋礼をマウンドに送った。高橋は失点の嫌な流れを止めるべく、1つの四球を出しながら後続を抑え無失点とする。
 
 すると、その裏の攻撃で2死から8番の會澤翼が四球、9番の菊池涼介が内野安打で出塁し一、二塁の好機を迎えた。ここで1番の山田哲人はカウント2-2からの8球目を捉えると、打球は一直線で左翼スタンドに突き刺さる3ラン本塁打に。4-3と一振りで逆転に成功した。

1 2



  • 記者募集