データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【プレミア12速報】侍ジャパン、無死満塁を無失点! 大野雄大が乱調も中継プレーで本塁生還許さず

2019/11/16

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<2019世界野球 第2回WBSCプレミア12 スーパーラウンド 日本 - 韓国>(16日、日本:東京ドーム)
 
 「第2回WBSCプレミア12」は16日にスーパーラウンド最終日を迎え、野球日本代表「侍ジャパン」は、あすの決勝戦でも顔を合わせることが決まっている韓国代表と対戦。5回の満塁のピンチで野手陣が好連携を見せ無失点とした。
 
 侍ジャパンは1-1の同点で迎えた3回、4番・鈴木誠也や5番・浅村栄斗の適時打など打者10人の猛攻で一挙6得点。7-1と大きくリードしたが、続く4回に先発の岸孝之が4本の適時打を浴びて5失点し一気に1点差に詰め寄られた。
 
 前半折り返しの5回、侍ジャパンのマウンドは2番手の大野雄大。しかし、先頭から3連続四球を与え満塁の大ピンチを招く。
 
 ここで5番のチェ・ジョンを空振り三振に仕留め1アウトとした後、6番のカン・ベクホに対しては右翼線への飛球を打たれるも、これを鈴木が捕球。そして途中出場で二塁を守る外崎修汰を中継した本塁への送球で、タッチアップでの生還を狙ったイ・ジョンフは余裕のタッチアウトとなった。
 
 あわや逆転という場面だったが、野手陣の好連携でダブルプレーを完成させ、結果的に無失点に抑えて1点のリードを何とか守った。




  • 記者募集