データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【プレミア12速報】侍ジャパン・岸孝之が4回にまさかの大乱調5失点 4適時打浴び6点リード→1点差に

2019/11/16

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,



<2019世界野球 第2回WBSCプレミア12 スーパーラウンド 日本 - 韓国>(16日、日本:東京ドーム)
 
 「第2回WBSCプレミア12」は16日にスーパーラウンド最終日を迎え、野球日本代表「侍ジャパン」は、あすの決勝戦でも顔を合わせることが決まっている韓国代表と対戦。先発の岸孝之が4回に一挙5失点を喫した。
 
 侍ジャパンは、あすも戦う韓国を相手に序盤で打線が爆発。1-1の同点で迎えた3回、4番・鈴木誠也の適時打で勝ち越すと、その後も浅村栄斗の適時打や山田哲人の犠飛などで一挙6得点し7-1と試合の主導権を握った。
 
 先発の岸孝之は2回までパーフェクトに封じるも、3回に同点ソロを被弾。6点のリードをもらった後の4回もピリッとせず、3本の適時打を浴び7-4と3点差とされると、なおも2死二、三塁で9番のキム・サンスに左中間を破る2点適時二塁打を打たれ7-6と1点差に迫られてしまう。
 
 2死二塁で1番のパク・ミンウを空振り三振に抑えて同点は許さなかったものの、この回一挙5失点と打ち込まれた。




  • 記者募集