データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【プレミア12速報】侍ジャパン、3回に打者一巡の猛攻6得点! 4番・鈴木誠也の勝ち越し打など6安打集中

2019/11/16

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<2019世界野球 第2回WBSCプレミア12 スーパーラウンド 日本 - 韓国>(16日、日本:東京ドーム)
 
 「第2回WBSCプレミア12」は16日にスーパーラウンド最終日を迎え、野球日本代表「侍ジャパン」は、あすの決勝戦でも顔を合わせることが決まっている韓国代表と対戦。同点とされた直後の3回に一挙6点を挙げ勝ち越しに成功した。
 
 侍ジャパンは先発の岸孝之が2回までパーフェクトに抑えると、直後の攻撃で2死から9番・菊池涼介が左前適時打を放って先制に成功。しかし、続く3回に岸がソロ本塁打を浴びて同点に追い付かれてしまう。
 
 それでも、侍ジャパンもすぐに得点力を見せつける。先頭の2番・坂本勇人が左越え二塁打で出塁すると、3番・丸佳浩のセーフティーバントが決まり一、三塁。このチャンスに4番の鈴木誠也が中前へポトリと落ちる適時打を放ち1点を勝ち越した。
 
 さらに一、二塁で浅村栄斗も適時打で続いて3-1。不振が続いていた6番・吉田正尚にも右前安打が飛び出し、無死満塁としたところで韓国先発のイ・スンホをマウンドから引きずり下ろした。
 
 韓国2番手の右腕イ・ヨンチャンに対しては、7番・松田宣浩がフルカウントから冷静に押し出しの四球を選び1点を追加。そして前の打席で二塁打を打っていた會澤翼がこの打席でも中前へ適時打を放ち5-1とした。
 
 なおも満塁から菊池の内野ゴロの間に1点を加え、稲葉篤紀監督は一塁に残った菊池に代走の外崎修汰を起用。その外崎は1番・山田哲人の打席で盗塁を決め二、三塁とすると、山田は左翼へ犠飛を放って手堅く1点をもぎ取る。
 
 そして坂本に打席が回り打者一巡となったが、坂本は中飛に倒れ3アウト。しかしこの回、侍ジャパンは6本の安打を集め一挙6得点し7-1とリードを大きく広げた。




  • 記者募集