データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【プレミア12速報】侍ジャパン、韓国との初回攻防はともに無得点 1番・山田哲人の二塁打を生かせず

2019/11/16

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,



<2019世界野球 第2回WBSCプレミア12 スーパーラウンド 日本 - 韓国>(16日、日本:東京ドーム)
 
 「第2回WBSCプレミア12」は16日にスーパーラウンド最終日を迎え、野球日本代表「侍ジャパン」は、あすの決勝戦でも顔を合わせることが決まっている韓国代表と対戦。初回は好機を作ったが得点には繋がらなかった。
 
 先発の岸孝之は初回、1番のパク・ミンウを遊直に打ち取ると、2番のパク・ゴンウを空振り三振、3番のキム・ジェファンを二ゴロに抑えて3者凡退の立ち上がりを見せる。
 
 一方の打線は、韓国先発の左腕イ・スンホに対して1番・山田哲人が逆方向の右翼へ二塁打を放っていきなりチャンスメイク。そして、続く坂本勇人の浅めの中飛で山田はタッチアップして1死三塁とした。
 
 3番・丸佳浩は外角へ逃げていく変化球に空振り三振を喫したものの、2死から4番・鈴木誠也は四球で歩き一、三塁。ここでアメリカ戦で3打点をマークした浅村栄斗に期待がかかったが、フルカウントから二ゴロに倒れて無得点に終わった。




  • 記者募集