データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【プレミア12】侍ジャパン、初Vへ韓国との“負けられない前哨戦” マウンドは岸孝之、3番に丸佳浩 スタメン発表

2019/11/16

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,



<2019世界野球 第2回WBSCプレミア12 スーパーラウンド 日本 - 韓国>(16日、日本:東京ドーム)
 
 「第2回WBSCプレミア12」は16日にスーパーラウンド最終日を迎え、野球日本代表「侍ジャパン」は、オープニングラウンドのグループAを1位通過してスーパーラウンドでも3勝1敗の成績で日本と同じく既に決勝進出を決めている韓国代表と対戦する。試合に先立って両チームのスターティングメンバ―が発表された。
 
 決勝進出を決めている侍ジャパンは、あすの決勝戦まで2試合連続で韓国と対戦する。この日は世界一を懸けた“前哨戦”となるが、決勝戦へ向けた雰囲気も考えると決して負けて良い試合ではない。
 
 そしてこの日のオーダーは、3日前のメキシコ戦から変更を加えている。1番・山田哲人、2番・坂本勇人の並びは変わらないが、3番に丸佳浩を据えた。そして5番に浅村栄斗、6番に吉田正尚を置いたことで長打力で得点を生み出す攻撃が期待されている。相手先発は左腕だが、丸と吉田を除く9人中7人を右打者で固めた。
 
 先発マウンドを託されたのは岸孝之。リリーフとして2回無失点に抑えた11日のオーストラリア戦以来5日ぶりの登板で、中4日でのマウンドで宿敵・韓国の打線を封じ込むことが期待される。

1 2



  • 記者募集