データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【プレミア12速報】侍ジャパン、坂本勇人の適時打で3点目! 先発の今永昇太は2回まで完全投球

2019/11/13

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,



<2019世界野球 第2回WBSCプレミア12 スーパーラウンド 日本 - メキシコ>(13日、日本:東京ドーム)
 
「第2回WBSCプレミア12」は13日にスーパーラウンド3日目を迎え、野球日本代表「侍ジャパン」は、グループAを1位通過したメキシコ代表と対戦。2回に坂本勇人が適時打を放ち3点目を挙げた。
 
 侍ジャパンは初回に鈴木誠也、近藤健介の適時打でスーパーラウンド初の先制点となる2得点。投げては先発の今永昇太が2回まで一人の走者も許さないパーフェクトの投球を続けている。
 
 そして迎えた2回の攻撃で再び打線が繋がる。先頭の8番・會澤翼が四球で出塁すると、丸佳浩の送りバントで1死二塁。1番の山田哲人も四球で走者が溜まる。
 
 ここでメキシコは2番手にゴンザレスをマウンドに送ったが、1打席目で先制点に繋がる安打を放っている坂本がまたも左翼へ適時打を放ち3-0とリードを広げた。
 
 さらに3番の浅村栄斗は四球で1死満塁。しかし、先制打を放った4番・鈴木誠也が浅めの右飛、外崎修汰が空振り三振に倒れて追加点は挙げられなかった。




  • 記者募集