データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【プレミア12速報】侍ジャパン、チーム初安打から1点返す! 鈴木誠也の三塁打に続き浅村栄斗が適時打

2019/11/12

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<2019世界野球 第2回WBSCプレミア12 スーパーラウンド 日本 - アメリカ>(12日、日本:東京ドーム)
 
 「第2回WBSCプレミア12」は12日、スーパーラウンド2日目を迎え、野球日本代表「侍ジャパン」はグループAを2位通過したアメリカ代表と対戦。侍ジャパンは中盤の4回に浅村栄斗の適時打で1点を返している。
 
 侍ジャパンは、先発のアンダースロー高橋礼が3回までに2失点し序盤から苦しい展開。そんな中、中盤に入った4回にようやく反撃の時を迎えた。
 
 ここまで無安打に抑えられていた打線は、2番手の左腕クレイトン・リチャードに対して先頭の近藤健介の当たりは好守に阻まれるも、続く4番の鈴木誠也が中堅フェンス直撃の三塁打を放って出塁。チーム初安打で得点のチャンスを迎える。
 
 5番の吉田正尚は浅い当たりの左飛に倒れ犠飛とはならなかったが、6番の浅村が初球を叩いてこれが右前への適時打となり1-2と1点差となった。
 
 侍ジャパンは5回から継投に入り、高橋礼の後を受けて2番手で山岡泰輔が登板している。




  • 記者募集