データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【プレミア12速報】アメリカが主軸の一打で追加点 侍ジャパンは高橋礼が2イニング連続で先頭に長打浴びる悪循環

2019/11/12

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<2019世界野球 第2回WBSCプレミア12 スーパーラウンド 日本 - アメリカ>(12日、日本:東京ドーム)
 
 「第2回WBSCプレミア12」は12日、スーパーラウンド2日目を迎え、野球日本代表「侍ジャパン」はグループAを2位通過したアメリカ代表と対戦。侍ジャパンは2回に続いて3回もピンチから追加点を許した。
 
 侍ジャパンは、先発の高橋礼が初回は3者凡退に抑えたものの、2回に1死三塁のピンチから内野ゴロの間に先制点を献上。打線はアメリカ先発のマーフィーから初回からチャンスを作るもののあと一本が出ず苦しいスタートとなった。
 
 3回、立て直しを図りたい高橋だったが、先頭打者に2イニング連続となる二塁打を浴び再びピンチを招く。そして送りバントと四球で1死一、三塁とされると、3番のダルベックに左翼線への適時二塁打を浴び0-2とリードを広げられてしまった。
 
 なおも二、三塁とピンチは続いたが、5番のボーンに痛烈な当たりをされながら中直に打ち取って、追加点は許さず何とかイニングを終えた。高橋は3回までに投球数56球となっている。




  • 記者募集