データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



侍ジャパン、完封勝利で2連勝!スーパーR進出へ前進 高橋礼6回2死まで完全、鈴木誠也特大3ラン【プレミア12】

2019/11/06

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,



 <2019世界野球 第2回WBSCプレミア12 オープニングラウンド・グループB 日本 4-0 プエルトリコ>(6日、台湾:桃園国際野球場)

「第2回WBSCプレミア12」は6日、オープニングラウンド・グループBの2日目を迎え、野球日本代表「侍ジャパン」はプエルトリコ代表と対戦し、4-0の完封勝利で2連勝とした。
 
 第1戦のベネズエラ戦に続き連勝を狙う侍ジャパンは、先発のマウンドを託されたアンダースロー右腕・高橋礼投手(福岡ソフトバンクホークス)が序盤3回まで1人の走者も許さない圧巻の投球を見せる。
 
 打線は、プエルトリコ先発の左腕ソト投手に対して2回まで無失点に抑えられていたが、3回に2死走者なしから四球と内野安打で一、二塁の好機を作る。
 
 ここで3番の近藤健介外野手(北海道日本ハムファイターズ)が放った打球は一塁へのゴロとなったが、一塁手がカバーに遅れて入った投手へ悪送球。この間に二塁走者が先制のホームを踏んだ。
 
 なおも一、三塁とチャンスは続き、4番の鈴木誠也外野手(広島東洋カープ)が放った打球は左中間スタンド中段に飛び込む3ラン本塁打に。この回一気に4得点で4-0と主導権を握った。
 
 援護をもらった高橋はさらにペースアップし、4回、5回と3者凡退に打ち取ってパーフェクト投球を継続。外野への打球を許さず15個のアウトのうち12個を内野ゴロで取って見せる。
 
 高橋は6回2死から四球と初安打を許したものの、6回73球を投げて被安打1、無失点の好投でリリーフ陣に後を託した。
 
 侍ジャパンの2番手として登板した嘉弥真新也投手(ソフトバンク)は打者1人を打ち取り、大竹寛投手(読売ジャイアンツ)へバトンタッチ。大竹も安打1本を打たれながら後続を抑えてリードを守った。
 
 4回以降追加点を奪えていない打線は、打順を6番に坂本勇人内野手(巨人)が複数安打、8回には代走で出場した周東佑京外野手(ソフトバンク)がチャレンジの末に盗塁をマークしたが得点に繋げられず。
 
 それでも、4点リードのまま迎えた9回はクローザーの山崎康晃投手(横浜DeNAベイスターズ)が無失点に抑えて試合終了。4-0の完封勝利で2勝0敗とし、スーパーラウンド進出へ大きく前進した。