データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



侍ジャパン、ベネズエラ相手に逆転白星発進! 山田哲人の“特大ファール”から雰囲気一変で猛攻6得点【プレミア12】

2019/11/05

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<2019世界野球 第2回WBSCプレミア12 オープニングラウンド・グループB 日本 8-4 ベネズエラ>(5日、台湾:桃園国際野球場)
 
「第2回WBSCプレミア12」はオープニングラウンドのグループBが開幕し、野球日本代表「侍ジャパン」は初戦で南米のベネズエラ代表と対戦し、終盤の逆転劇で白星スタートを切った。
 
 侍ジャパン先発の山口俊投手(読売ジャイアンツ)は、初回一、二塁のピンチを無失点で切り抜けると、フォークなどを決め球に2回~3回も得点を与えず上々の立ち上がりを見せる。
 
 しかし、打線はメジャー通算31勝と経験豊富な左腕ドゥブロン投手の巧みな投球術の前に苦戦。3回まで無安打と封じ込まれた。
 
 すると中盤に入った4回、山口は先頭から中前安打、四球を許し無死一、二塁のピンチに直面。6番のリベロ内野手は空振り三振に打ち取ったものの、続くブランコ内野手にも左前へ運ばれ満塁とされる。
 
 そして8番のマチャドが放った深い遊ゴロの間に三塁走者の生還を許し、痛恨の先制点を奪われた。それでも、山口は後続の打者を打ち取り追加点は許さず。1点でしのいで味方の奮起を待った。
 
 山口の投球に報いたい打線は、直後の攻撃で2死一塁から6番の浅村栄斗内野手(東北楽天ゴールデンイーグルス)が右翼線へチーム初安打を放ち一、三塁と同点のチャンスを迎える。
 
 しかし、緊急招集で即スタメンに抜擢された7番・丸佳浩外野手(巨人)が二ゴロに倒れて無得点に終わった。
 
 5回は両チームが継投策に入った。侍ジャパンは2番手の山岡泰輔投手(オリックス・バファローズ)が無失点に抑えると、直後の攻撃でベネズエラ2番手のソティレット投手に襲いかかる。
 
 1死から四球とエラーで一、二塁のチャンスを作ると、2番の菊池涼介内野手(広島東洋カープ)が右翼へ適時二塁打を放って1-1の同点に追い付く。さらに敬遠で満塁となり、4番の鈴木誠也(広島)に中前への適時打が飛び出して2-1と一気に逆転した。
 
 しかし、6回に侍ジャパンは試練を迎える。続投した山岡が連打を浴び無死一、二塁のピンチを招くと、6番のリベロに左翼線へ適時二塁打を浴び同点。さらに3番手の大竹寛(巨人)がマチャドを内野ゴロに打ち取る間に三塁走者が生還して再逆転を許した。
 
 侍ジャパンはこの後も4番手で登板した中川皓太投手(巨人)がロドリゲス外野手に適時内野安打を浴び2-4。直後の攻撃で1死一、三塁のチャンスを作るも代打・會澤翼捕手(広島)、坂本が凡退し無得点に終わり、点の取り合いとなった中盤で2点のリードを許す形となった。
 
 7回はともに無得点。8回は5番の甲斐野央投手(福岡ソフトバンクホークス)がわずか8球で3者凡退に封じると、その裏の攻撃で先頭から2者連続四球を選び一、二塁とチャンスメイク。
 
 ここで松田宣浩内野手(福岡ソフトバンクホークス)が送りバントを失敗するも、會澤も四球で満塁とする。侍ジャパンはこの絶好機で坂本に代わって代打・山田哲人内野手(東京ヤクルトスワローズ)を起用。山田は初球であわや満塁弾という特大のファールを放った後に押し出し四球を選んで1点を返し、3-4と1点差に詰め寄った。
 
 さらに、続く菊池は初球を左前への適時打とし4-4の同点に。押せ押せの雰囲気となった侍ジャパンは、近藤もフルカウントから押し出し四球を選んで5-4とついに逆転に成功した。
 
 この後、鈴木の犠飛、源田壮亮内野手(埼玉西武ライオンズ)の適時内野安打などで3点を追加した侍ジャパンは、9回のマウンドを託された山崎康晃投手(横浜DeNAベイスターズ)が無失点に抑え試合終了。8回一挙6得点の猛攻により8-4で逆転勝利を収め、ヒヤヒヤながら白星発進を果たした。