データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



侍ジャパン、菊池涼介と鈴木誠也のカープコンビで逆転! ベネズエラの継投策の隙突く適時打【プレミア12】

2019/11/05

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<2019世界野球 第2回WBSCプレミア12 オープニングラウンド・グループB 日本 - ベネズエラ>(5日、台湾:桃園国際野球場)
 
「第2回WBSCプレミア12」はオープニングラウンドのグループBが開幕し、野球日本代表「侍ジャパン」は初戦で南米のベネズエラ代表と対戦。中盤の5回に待望の適時打が飛び出し逆転した。
 
 初戦を迎えた侍ジャパンは、先発の山口俊投手(読売ジャイアンツ)が3回まで無失点と上々の立ち上がり。しかし4回に満塁のピンチから併殺崩れの間に先制点を奪われてしまう。
 
 打線は、3回までベネズエラ先発の左腕ドゥブロン投手の前に無安打と苦戦。4回に浅村栄斗内野手(東北楽天ゴールデンイーグルス)にチーム初安打が生まれ一、三塁としたものの、後続が倒れ同点とはならず。
 
 しかし続く5回、侍ジャパンは2番手の山岡泰輔投手(オリックス・バファローズ)が無失点に抑えると、その裏に打線がベネズエラ2番手のソティレット投手に襲いかかる。
 
 1死から9番の小林誠司捕手(巨人)が四球で出塁すると、1番・坂本勇人内野手(巨人)の打席では相手エラーが飛び出し一、三塁。ここで菊池涼介内野手(広島東洋カープ)が右翼へ待望の適時二塁打を放ち1-1の同点に追い付いた。
 
 なおも二、三塁から近藤健介外野手(北海道日本ハムファイターズ)は敬遠で歩き満塁。ここで4番の鈴木誠也外野手(広島)が中前へ適時打を放って2-1と一気に勝ち越しに成功した。