データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



侍ジャパン、先発・山口俊がベネズエラ相手に立ち上がり無失点 連打でピンチ招くも後続封じる【プレミア12】

2019/11/05

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,



<2019世界野球 第2回WBSCプレミア12 オープニングラウンド・グループB 日本 - ベネズエラ>(5日、台湾:桃園国際野球場)
 
「第2回WBSCプレミア12」はオープニングラウンドのグループBが開幕し、野球日本代表「侍ジャパン」は初戦で南米のベネズエラ代表と対戦。先発マウンドを任された山口俊投手(読売ジャイアンツ)が序盤2回まで無失点としている。
 
 侍ジャパンの先発・山口は初回、先頭のカスティーヨ内野手に初球を弾き返され右前安打で出塁を許す。さらに続くケケレクート内野手にも初球を左前安打とされ、いきなり一、二塁のピンチを招いた。
 
 しかし、3番のカストロ内野手をフォークで空振り三振に仕留めると、4番の指名打者フエンマヨールも空振り三振で2アウト。最後はゴードイ捕手を二ゴロに打ち取って無失点で切り抜けた。
 
 ピンチを脱した侍ジャパンは、直後の攻撃でこちらもベネズエラを攻め立てる。先発の左腕ドゥブロン投手に対して、1死から菊池涼介内野手と近藤健介外野手が四球を選んで一、二塁のチャンス。
 
 しかし、4番の鈴木誠也外野手が見逃し三振、5番の吉田正尚外野手が左飛に倒れて先制点を奪うことはできなかった。
 
 山口は、2回は先頭の6番・リベロ内野手に四球を与えるも、メジャー経験もあるブランコ内野手を空振り三振、マチャド内野手も中飛に打ち取って難なく2アウトとし、9番のロドリゲス外野手を遊ゴロに抑えて序盤2回までを無失点とした。
 
 早く援護をしたい侍ジャパン打線も、ドゥブロン相手に2回は3者凡退。序盤の立ち上がりは両者0-0と静かなものとなった。