データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



侍ジャパン、4番抜擢の吉田正が先制満塁弾! 巨人・吉川尚も初回から攻守に躍動

2019/03/10

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , ,



「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019」第2戦が10日、京セラドーム大阪で行われ、メキシコ代表と対戦している野球日本代表「侍ジャパン」が初回に吉田正尚外野手の満塁本塁打などで5点を先制した。
 
 前日に8安打を放ちながら2得点に終わりメキシコ代表に2-4で敗れた侍ジャパン。第2戦で雪辱を期したいところだ。
 
 後攻の侍ジャパンは初回、先発の原樹理投手が前日4安打を放ったジョーイ・メネセス外野手を中飛に打ち取るなど無失点の立ち上がりを見せる。
 
 そして攻撃では、メキシコ代表の先発マヌエル・バレダ投手から先頭の吉川が中前安打で出塁すると、すかさず2球目に盗塁を成功させ無死二塁とチャンス拡大。守りですでに2つのゴロをさばいていたが、直後の打席でも躍動感を見せた。
 
 その後2者連続四球で満塁とし、4番の吉田正尚外野手が右翼スタンド最前列へ飛び込む満塁本塁打を放ち、いきなり4点を先制。前日の敗戦の悔しさを払しょくする一発となった。
 
 攻撃の手を緩めない侍ジャパンは、さらなるチャンスで田村龍弘捕手がタイムリー安打を放ち1点を追加。5-0とリードを広げて試合の主導権を握った。