データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



侍ジャパン、巨人吉川&阪神大山がスタメン抜擢 前日の雪辱期すメキシコ戦第2戦

2019/03/10

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , ,



「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019」第2戦(10日、京セラドーム大阪)のスターティングメンバ―が発表された。野球日本代表「侍ジャパン」は、吉川尚輝内野手や大山悠輔内野手などを起用するなど第1戦から大きく変えている。
 
 前日の第1戦を逆転負けで落とした世界ランキング1位の侍ジャパン。同ランク6位のメキシコ代表とは同じ8安打ながら、好機での凡打や走塁ミスなどで明暗が分かれた。この日は、投手力も含めた課題を修正していきたいところだ。
 
 第2戦の先発マウンドは東京ヤクルトスワローズのプロ4年目、原樹理投手が務める。そして打線は4番に吉田正尚外野手が入り、前日3安打の上林誠知外野手が5番。初選出で初安打をマークしている村上宗隆内野手は「7番・一塁」での先発となった。
 
 また、前日にスタメンから外れた吉川尚輝内野手と大山悠輔内野手がそれぞれ1番、6番に抜擢されている。
 
 侍ジャパンのスターティングメンバ―は次の通り。
 
<侍ジャパン>
1番(遊)吉川尚輝(巨人)
2番(二)中村奨吾(ロッテ)
3番(指)近藤健介(日本ハム)
4番(左)吉田正尚(オリックス)
5番(右)上林誠知(ソフトバンク)
6番(三)大山悠輔(阪神)
7番(一)村上宗隆(ヤクルト)
8番(捕)田村龍弘(ロッテ)
9番(中)野間峻祥(広島)
(投)原樹理(ヤクルト)