データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



侍ジャパン、最後は走塁ミス…第1戦逆転負け メキシコ代表はメネセスが3二塁打含む4安打

2019/03/09

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



上林が3安打、初選出の19歳村上も1安打

「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019」第1戦が9日、京セラドーム大阪で行われ、メキシコ代表と対戦している野球日本代表「侍ジャパン」が2-4で逆転負けを喫した。
 
 侍ジャパンは吉田正尚外野手と甲斐拓也捕手のタイムリー安打で5回までに2-0とリードしていたが、6回に3番手の高橋礼投手がルイス・フアレス内野手に右前タイムリー安打を浴びて1点を返される。
 
 そして続く7回は4番手の松永昂大投手が1死一塁からアリ・ソリス捕手に同点タイムリー二塁打を打たれると、なおも続くピンチでクリス・ロバーソン外野手にも左翼線へタイムリー二塁打を浴びて2-3と一気に逆転を許した。
 
 一転して追う立場になった侍ジャパンは8回、メキシコ6番手のザカルト・フィリップス投手に対して2死から吉田が中前安打で出塁するも、続く中村奨吾内野手が遊ゴロに倒れて無得点に終わる。
 
 逆に、メキシコ代表は侍ジャパン5番手の梅野雄吾投手からオリックスの新外国人ジョーイ・メネセス外野手にこの日4安打目、そして3本目となる二塁打を浴びるなどピンチを招くと、直後にルイス・クルーズ内野手にタイムリー二塁打を浴びて4-2とリードを広げた。
 
 追い込まれた侍ジャパンは、最終回の9回にこの日1安打を放っている先頭の7番・村上宗隆内野手が四球で出塁し、1死後に京田陽太内野手も左前安打で一、二塁とチャンスを作る。ここでこの日3安打を放っている1番の上林誠知外野手は左飛に打ち取られ、一塁走者の京田がタッチアップして二塁タッチアウト。併殺となって試合終了となった。侍ジャパンは、最後は走塁ミスによって2-4で第1戦を落とした。