データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



メキシコ代表が反撃!メネセスの3安打目から連打 侍ジャパンは3番手の高橋礼が失点

2019/03/09

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , ,



「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019」第1戦が9日、京セラドーム大阪で行われ、メキシコ代表と対戦している野球日本代表「侍ジャパン」は2点リードの6回にタイムリー安打を浴びて1点を返された。
 
 侍ジャパンは初回、5番・吉田正尚外野手のタイムリー安打で1点を先制すると、1点リードのまま迎えた4回に甲斐拓也捕手がタイムリー安打を放って1点を追加し2-0とした。
 
 6回は1死から「7番・三塁」で先発起用された19歳の村上宗隆内野手が代表初安打となる中前安打。しかし、後続が併殺に倒れて得点に繋げることはできなかった。
 
 投げては先発の今永昇太投手が初回の3者連続三振を含む2回無失点、3回からマウンドに登った山岡泰輔投手も2回無失点と好投。強打のメキシコ打線を封じた。
 
 侍ジャパンの3番手を任されたのはアンダースローの高橋礼投手。高橋は5回を無失点に抑えるも、6回は今季オリックス・バファローズに新加入したジョーイ・メネセス外野手にこの日3本目の安打となる中前安打を浴びるなど一、三塁とピンチを迎える。
 
 ここで5番のルイス・フアレス内野手に右前タイムリー安打を浴びて1点を返された。2-1となって侍ジャパンのリードは1点となっている。 




  • 記者募集