データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



侍ジャパン、初選出の5番吉田が初回に先制タイムリー! 好機で併殺打も流れ途絶えず

2019/03/09

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019」第1戦が9日、京セラドーム大阪で行われ、メキシコ代表を相手に野球日本代表「侍ジャパン」が初回に吉田正尚外野手のタイムリー安打で1点を先制した。
 
 侍ジャパンは4番に22歳の岡本和真内野手、7番に19歳の村上宗隆内野手を起用するなど期待の若手選手を多くスタメンに置き抜擢し、「世界野球プレミア12」「東京五輪」へ向けた前哨戦・メキシコ戦を迎えた。
 
 初回、メキシコ代表の先発ルイス・メンドーサ投手に対して、侍ジャパンは先頭の上林誠知外野手、西川遥輝外野手が出塁していきなり無死一、二塁のチャンスを迎える。
 
 しかし3番の近藤健介外野手が三ゴロ、5-4-3の併殺に打ち取られ2死三塁。ここで4番の岡本が四球で歩き一、三塁とし、続く5番の吉田正尚外野手が中前へタイムリー安打を放って1点を先制した。
 
 なおも一、三塁とチャンスが続いたが、中村奨吾内野手が中直に打ち取られ3アウト。追加点を挙げることはできなかった。