データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、第2打席で強烈右安打 エンゼルスはトラウトの一発を皮切りに一挙4得点

2019/06/06

text By

photo

Getty Images



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が5日(日本時間6日)、本拠地でのオークランド・アスレチックス戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場。第2打席で強烈な右安打を放った。
 
 初回の第1打席はオープナー・ソリアの前に空振り三振に倒れた大谷。1-7とリードされて迎えた3回、ラステラが安打で出塁した後、トラウトが今季第15号本塁打で2点を返した。さらに大谷が4球目のストレートを引っ張ると、鋭い打球が右前へ飛んだ。
 
 さらに続くプホルスが、レフトへの二塁打を放ち、エンゼルスは4連打。1死二、三塁として、カルフーンの内野ゴロの間に大谷が還ると、続くフレッチャーも中前に運びさらに1点を返した。
 
 エンゼルスはこの回4点を返し、5-7で試合は4回へと進んでいる。